茨城県土浦市の歯科医院  イバラキクリニック 【一般歯科・口腔外科・矯正歯科・小児歯科・予防歯科】
ホーム > 歯科用CTについて

歯科用CT(RevoluX)について


当医院は最先端の歯科用CT RevoluXを導入しています。
このCT装置は、歯やあごの骨を立体的に細かく診断できるだけではなく、従来の歯科用CTではできなかった骨質(骨の硬さ)の診断を正確にすることができる最先端の装置です。




従来のレントゲンとの違い 〜立体で把握〜

従来のレントゲンでは2次元の平面画像しか得られません。
一方、歯科用CTを用いると3次元の立体画像が得られるので、平面画像ではわからなかった歯やあごの骨の詳細な立体構造や神経の位置などを精度高く把握することができ、より適切な診断・治療が可能になります。

従来のパノラマレントゲン


2次元の平面画像のみ


歯科用CT


立体で把握



他の歯科用CTとの違い

1.正確に骨質を把握
他の歯科用CTは歯やあごの骨を立体的に把握することはできるものの、骨質(硬さ)のついて正確に把握することはできません。
一方で、当医院の歯科用CTは骨質(硬さ)を正確に計測できるため、骨質(硬さ)を事前に把握することが可能です。

硬いあごの骨


軟らかいあごの骨



2.金属の影響を除去
口の中は体の他の部分とは違い、歯の詰め物や被せものとして金属があります。金属はX線を通しにくいため、その影響でこれまでのCTでは周りの骨の状況が把握できないことがありました。
当医院の歯科用CTは金属の影響を除去するプログラムを搭載していますので、他のCTでは金属の影で映らない部分の骨でも診断することができます。

これまでのCT:金属の周りが黒くなり映っていません。


当院の歯科用CT:金属の周りでも骨の状態を診断できます。



その他さまざまな治療もより安全に

当医院の歯科用CTは、さまざまな治療で有効に活用することができます。

・歯の根っこの治療
・歯周病の治療
・親知らずの抜歯
・顎関節症の治療




患者様に負担の少ない撮影 〜わずか20秒〜

CT撮影というと大掛かりな撮影を想像されるかもしれませんが、当医院の歯科用CTは短時間(20秒程度)で撮影が完了します。もちろん痛みも何もありません。



患者様に優しい低被ばく

CT撮影には被ばくが伴いますが、当医院の歯科用CTは低被ばくを実現した装置です。医療用CT装置の15分の1程度の被ばくで安心してご撮影していただけます。



セファロ(矯正治療用頭部X線撮影)

当医院のセファロはワイドなセンサーを搭載し、わずか0.9秒で頭部全体を撮影します。動きによるブレのないクリアな画像が撮影できる上、X線による被ばく量も少ない装置です。





イバラキクリニック
〒300-0043 茨城県土浦市中央1-1-17
029-822-4537

Copyright (c) Ibaraki Clinic All Rights Reserved.